バーコードストック > サポート > 運用イメージ(入出庫)

運用編

運用イメージ(入出庫)

運用環境:商品の入出庫では、スマートフォンとバーコードリーダー、在庫及び履歴の確認には店舗にあるPCを使用。下記では発注~出荷までの運用の一例を記載いたします。

運用イメージ(入出庫)の画像
  • 発注:新規商品を仕入れるためにメーカーに発注します。
  • 入荷:発注した新規商品がメーカーより配送されてきたので、検品を行い入荷を完了します。
  • 入庫:入荷された商品をバーコードリーダーで読み取り、情報をスマートフォン内で受け取ります。さらに弊社サーバーと通信を行いスマートフォンで任意に入力した他の項目値と合わせて商品の入庫処理を行います。
  • 確認:入庫処理を行った後に、システム上で在庫として反映されているか確認するため店舗にあるPCで在庫検索行います。
  • 出庫:商品の受注販売があった場合に出庫を行います。出庫方法は入庫と同様にバーコードリーダーとスマートフォンで行えます。
  • 履歴:入出庫処理を完了したら販売状況確認のため履歴閲覧をします。それぞれの商品の販売状況がわかります。
  • 出荷:出庫された商品が受注先に出荷されます。

運用イメージ(棚卸)へ