バーコードストック > サポート > 運用イメージ(棚卸)

運用編

運用イメージ(棚卸)

運用環境:商品の入出庫では、スマートフォンとバーコードリーダー、在庫及び履歴の確認には店舗にあるPCを使用。下記では月末の倉庫内にて行う一斉棚卸~調整までの運用の一例を記載いたします。

運用イメージ(棚卸)の画像
  • 棚卸:倉庫で月末の棚卸を行い商品の実在庫数を一斉にカウントします。
  • 確認:棚卸結果を店舗で閲覧し、理論在庫と実在庫のアンマッチがないか確認します。
  • 履歴:アンマッチが認められた場合、原因を調べるために履歴から調査をします。
  • 調整:理論在庫と実在庫を合わせるためにシステム上で調整を行います。